保健師 求人

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 保健師の求人

保健師の求人看護師の働き方も色々ある中、ナース人材バンクでは保健師の仕事も扱っています。
この保健師の仕事は今、看護師の間でとても人気を得ています。

保健師には行政保健師・産業保健師・学校保健師の3つがあります。
保健師とは自治体の施設で働く人のことを言います。

保健師が人気がある理由として

保健師の仕事は休みが安定している

総合病院となるとどうしても休みが取りにくい、また夜勤があるなどと休みは不定期になりがちです。

でも、保健師は土日、祝日に休みが取れ、残業も少ないというメリットがあります。
だから、仕事と家庭の両立はもちろんのこと、プライベートな時間も充実します。

保健師は安定した職種

保健師という仕事は6割以上が公務員になります。だから給与についても安定しています。

そもそも保健師は「厚生労働大臣の免許を受けて、保健指導に従事することを業とする者」という定義がされています。

保健師に転職した人の口コミ

保健師へ転職結婚してしばらくの間は病棟勤務を続けていました。しかし、休みが不定期だったり、夜勤が入ってしまい、主人のこと、また家のことが後回しになってしまいました。

次第に仕事をしていることに後ろめたさを感じ、もっと環境の良いところで働きたいとナース人材バンクに登録をしました。

保健師という職種だったら家庭と仕事の両立が可能であるとアドバイスして頂き、保健師の資格を取り、保健所の求人を紹介していただきました。

今では仕事と家庭の両立が出来、休みの日には主人と出かけることも出来るので、転職してよかったと思っています。

看護師の仕事はある意味、大変な仕事です。中には重荷に感じている人もいるのではないでしょうか?
保健師も看護師の仕事の1つです。そして今の社会においては必要とされている仕事でもあります。

だからこそ、保健師という選択もあっても良いのではないでしょうか?

>>ナース人材バンク

保健師になるには

現在では全国で4万人ほどの保健師の皆さんが働いています。

看護師の資格があれば、指定の学校、養成所などで必要な知識を習得することによって、保健師国家試験を受験することができます。

今では4年制の看護大学・一部の専門学校で看護師と保健師の受験資格が卒業とともに与えられるカリキュラムもあります。

看護師と保健師の違いとは

保健師へ転職対象が違ってきます。看護師は病気や怪我をした人を治療することに対して、保健師は病気にならないため、怪我をしないための指導を行うことになります。

当然、働く場所にも違いが出てきます。
看護師は病院に対して、保健師は役所、保健所、一般企業、学校などが勤務先となります。

保健師はそういった意味で色々な人と接する機会が多いと言えます。

気になる給与

年齢、経験年数によって違いはありますが、他の業種に比べると安定していると言えます。

働く場所によっても異なりますので、事前に調べてみることも大切です。

ナース人材バンクは保健師の仕事も数多くそろえております。
もし、気になる様でしたら、まずは登録してみてはいかがでしょか?

クリニック、ケアセンター、医療センター、大学などなどから自分の働きたい場所、働き方も選ぶことができます。

人間関係で悩んでいる人、女性社会が嫌だという人にはおすすめな職種ではないでしょうか?

看護師の仕事は病気を治す、怪我を治すお手伝いだけでなく、病気にならないように怪我から守られるように指導することも大切な仕事であり、この仕事は医師は直接介入できないので、看護師というより、保健師の仕事としてやりがいのある仕事でもあると言えます。

保健師の求人もお任せ