訪問看護師 求人

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 訪問看護師の求人

訪問看護師の働き

訪問看護師病院で入院しているよりも自宅で最期を迎えたいという人も今では多くなっています。
そしてそんな人に必要なのが、訪問看護なのです。

病気、障害があっても医療機器を使用しながら療養生活を送っている人も多くいます。
その様な患者さんだけでなく、支えている家族のサポートをするのが訪問看護師の仕事です。

ナース人材バンクに登録されているひとつの訪問介護の会社を紹介します。
精神科に特化した「訪問看護ステーション会社(仮称:N)」で、全国に展開しています。

会社Nの訪問看護師が人気がある理由

未経験者でもできます

訪問看護師通院ができない、服薬がひとりでは無理、生活に不安を抱えている患者さんのサポートを行う仕事です。

医療行為ではなく、ひとりひとりの患者さんと向き合って行う仕事で、やりがいを感じることができます。

自分のペースで働くことができる

オンコール、訪問件数のノルマがなく、完全週休2日制といったことも可能です。
無理なく、仕事と家庭の両立ができます。

夜勤がない、日曜日が休み、そして自分のペースで働けるって理想ではありませんか?

利用者に万が一のことがあっても大丈夫

精神科ということで、利用者が急変した。そんな時も情報が共有されているので、男性看護師、ベテラン看護師が対応するので、慌てることはありません。

働いた分、頑張りが評価

会社Nは職員が看護師出身者の人が多いので、看護師の気持ちが理解され、頑張りに応じて、しっかり評価もされます。
中には管理職になった人もいます。

N会社で働く訪問看護師の声

入職は子育てのブランク(15年ほど)で、復職を希望していました。
病院看護ではなく、地域医療、寄り添った看護ができることが希望でした。

訪問看護師ブランクがあるため、ひとりで大丈夫だろうかという心配はありました。
しかし、スマホが1台渡されて、上司や先輩といつでも相談ができるので、心強かったです。

精神科も訪問看護も始めてでしたが、そんな私を一から訪問看護について指導して下さいました。

最初はなかなか受け入れてくれない利用者もいましたが、訪問を重ねるうちに、雪が溶けるように心を開いてくれました。とてもやりがいを感じる瞬間でした。

今では1日平均6件の訪問看護を行っています。でも、移動が20分以内だから可能なわけですね。今ではのびのびと楽しみながら、働いています。

このように訪問看護は始めは戸惑うかもしれませんが、慣れることによってとても楽しい職種でもあります。

少しでも訪問看護に興味のある看護師の皆さん、是非、ナース人材バンクに登録してみて下さい。

働きやすさで選ぶなら訪問看護

訪問看護師の求人

これから急成長すると思われる訪問看護の仕事。その求人選びの注意点をみていきたいと思います。

仕事のローテーション

一般的には受け持つ療養者が決まっている「担当制」とローテーションで利用者の家を回る「交代制」があります。
利用者とどのように接したいかによって、決めることになります。

夜間オンコール

訪問看護ステーションの求人の中には、夜間オンコールのシステムを採用しているところがあります。
もし、そのような求人であれば、夜間・深夜、関係なく訪問看護を行う必要があります。

休祝日対応

夜間オンコールと同様に、運営事業所によっては休日・祝日も訪問看護を行うところもあります。

療養者とのコミュニケーション

自宅を訪問する訪問看護は療養者だけでなく、その家族や付添人とのコミュニケーションも必要になってきます。
病院の入院とは違い、時には個人的な事にまで立ち入ることにもなります。

訪問看護となるとそのようなコミュニケーションの問題が生じてきますが、何かあった時にどこまでサポートをしてくれるかをチェックする必要があります。

訪問看護師の求人に強い転職サイト

ナース人材バンク看護師紹介No.1という実績のあるナース人材バンクは初めての人でも安心して利用できます。
訪問看護の非公開求人も多いので、条件も希望にあった求人を提案してくれます。


25年間、看護師紹介のキャリアを積み上げてきたからこそ、信頼度も大きく、転職には有利とされています。
パート・単発も多いので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。


看護のお仕事テレビのCMでも知名度が上がりました。
地域の医療機関に詳しいコンサルタントがいますので、良い条件の求人を提案してくれます。