介護施設 求人

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 介護施設の求人

介護施設の看護師の需要

介護施設の看護師高齢化社会に伴い、介護施設はあちらこちらに出来ています。と同時に看護師の需要も高まっています。

病院と違い、医療行為というより、ケアワークの仕事になります。
介護施設では入所者のお世話が多くなります。医師の診察補助がメインになるので、看護業務に徹することができます。

介護施設での働き方

介護施設にもよりますが、生活スタイルに合わせて選ぶことが大切になってきます。

夜勤がないところでも、時には呼び出されることもあるので、しっかりと確認しておくことが大切です。
その場合は特別手当が支給される場合が多いので、収入アップにもつながります。

介護施設は復職がしやすい

介護施設の求人介護施設は高い医療技術が求められるわけではありませんので、復職しやすい職場でもあります。

育児のために看護師の仕事を離れている人といった看護師さんもスムーズに仕事に入ることができます。

人間関係も高齢者が多いので、皆さん、アットホームな暖かな雰囲気のところが多いのも特徴です。
今、問題になっている人間関係で悩んでいる人の転職もおすすめです。

中には病院と併設している施設もあり、復職を応援している所もあります。

ただし、注意する点もあります。

介護施設で働く看護師さんの声

働きやすさが叶った看護施設

介護施設で働く看護師介護施設に転職を決めたのは「働きやすさ」が叶うということを感じることができたからです。
自宅から通いやすい。今までの経験を生かせる。そして介護士さんと協力して働けるということを感じました。

介護施設での看護業務は健康管理です。
日常の身の回りのお世話は介護士さんが行ってくれるので、そのサポートをしています。

介護施設で変わったことは、言葉使いが柔らかくなったということです。
高齢者の方々が相手ですので、言葉には気をつけなければなりません。メンタルにも影響が出てしまうからです。

皆さんが自分よりも年上だということを心がけ、丁寧な言葉、笑顔で、みなさんが喜んでもらえるので、やりがいを感じています。

他にも

人間らしさを感じることができる
一人一人と接して、喜怒哀楽を素直に表現することが、その人たちの幸せな日々につながる。それが介護施設で働くことの魅力のひとつだと感じています。

という声をいただいています。

介護施設のメリット・デメリット

メリットは

病院とは違い、突発的な問題は起こりにくい(起こらないというわけではありませんが)と言えます。さらに、残業といったことも少ないので、働きやすいと言えます。

夜勤がある介護施設もありますが、夜勤手当が当然つきます。さらに夜勤にそれほど問題が生じることもないので、重労働ではありません。

デメリットは

介護施設の中には病院に近い働き方もありますが、やはり病院とは違います。
スキルアップを望んでいる人には不向きかと思います。

介護施設の転職サイト

ナース人材バンク

給与アップの転職ならナース人材バンクナース人材バンクではグループホーム・有料老人ホーム・介護老人保健施設・療養医療施設・特別養護老人ホーム等の様々な施設求人をご紹介しております。

託児所あり・研修充実・残業なしなどの求人もナース人材バンクではお取り扱っています。
介護施設では施設によって特徴や働き方が大きく変わりますのでパートナーへご希望条件をお知らせください。

⇒ナース人材バンクの登録はこちらから

マイナビ看護師

介護施設への転職ならマイナビ看護師マイナビ看護師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの 株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職・就職支援サービスです。

介護施設の求人を全国で探すならここしかない!まず間違いなく登録必須の求人サイトです。

現場の声をしっかり聞いています。
給与、有給消化などの条件・待遇はもちろん、雰囲気がよく、働きやすい職場を看護師さんへ紹介しています。

⇒介護施設の求人・転職なら【マイナビ看護師】≪公式≫

ナースフル

介護施設への転職はナースフル転職ならとらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上の転職を支援しているリクルートが運営する看護師専用の求人サイトナースフルは、介護施設が多数掲載があります。

これからの高齢化社会を見据えて介護施設の求人を強化しています。

⇒介護施設への転職なら【ナースフル】

介護施設への看護師転職をする注意点

高齢化社会が進む中、有料老人ホームでは看護師の経験・知恵が求められることも多いため、看護師の転職は歓迎されます。

病院勤務と根本的に仕事が異なるのでいくつか注意することもあります。

介護施設での看護師の仕事

介護施設になると病人ではありませんが、体調を崩しやすい年配者が多いので健康管理が仕事になります。
病院の様に医療行為を行うのではなく、入居者の話相手になることが介護施設での仕事になります。

看護師としての判断力

介護施設で働く看護師一方では、緊急事態が起きたときにはやはり看護師は頼りにされます。

介護施設には医師が常駐しているわけではありません(中には常駐しているところもあります。)。
だからこそ、入居者に何か異変が生じた時には、医師に代わって対応しなければなりません。

そういう意味で、介護施設といっても病棟勤務経験のある看護師が有利になり、中には「病棟勤務○年以上の経験者」と条件に書かれていることがあります。

⇒介護施設への転職