看護師 スキルアップ

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 看護師のスキルアップ

看護師のスキルアップ

スキルアップしたいんだけど「このまま何となく看護師として働く」のってどうかなと考えたことありませんか?
長く働いているのに「給与もそれほどアップしない。」

長く働いていると「もっと給料が良い病院で働きたい、それにはスキルアップしたいけれど」と考えている看護師さんも多くいる中、どのように探したら良いのか悩んでいませんか?

せっかくそのような向上心が芽生えているのだったら、行動に移して、あなたらしい働き方をしてみましょう。

そんなスキルアップをしたいと願っている看護師さんにおすすめの求人・転職サイトを厳選してみました。

スキルアップするならこちらの転職・求人サイト

ここで紹介する看護師求人・転職サイトは

信頼できるサイト、すなわち上場企業が運営している
全国に展開していて、好条件の「非公開求人」を多く扱っている
コンサルタントの質が高い

これらの条件を満たしたものになります。

ナース人材バンク

医療、介護サービスの分野で幅広い事業を展開する東証一部上場企業「株式会社エス・エム・エス」が運営する「ナース人材バンク」は年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する国内最大級の転職支援サービスです。

好条件の非公開求人(年収600万円以上など)も多く保有していて、スキルアップも支援してくれる求人もあります。
北海道から九州まで16拠点を持ち、全国どこからでも転職が可能です。

どんなスキルアップを希望しているかをコンサルタントに相談することで、理想的な働き方が見つかります。

ナース人材バンクでスキルアップ!
ナース人材バンク

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、「マイナビ転職」でおなじみの株式会社マイナビが運営する看護師のための転職・就職支援サービスです。

研修制度が充実している求人が多いマイナビ看護師!全国各都道府県の求人をカバーし、多くの好条件求人、非公開求人を取り扱っています。また、数少ない人気の企業求人も取り扱っています。

スキルアップには色々な方法があります。
マイナビ看護師は独実の人脈で、その人にあった方法を提供します。

スキルアップは1つだけではありません。だからこそ、自分の将来像を見据えて、相談することによって、最適な道が切り開かれます。

マイナビ看護師でスキルアップ
看護師の求人・転職なら【マイナビ看護師】≪公式≫

看護のお仕事

看護のお仕事は2013年度のベストベンチャー企業100社に選ばれた上場企業、レバレジーズ株式会社が運営しています。

全国の支店で情報集めをしているコンサルタントによるきめ細かなサポートにより、地域転職の際にも不安を取り除いてくれます。

2013年度には「サービス満足度No.1」「コンサルタントの対応満足度No.1」「友達に進めたいランキングNo.1」に選ばれました。

看護のお仕事でスキルアップ
看護のお仕事

ナースではたらこ

日本最大級のアルバイト情報サイト「バイトル」「はたらこネット」などで知られる東証一部上場企業「ディップ株式会社」が運営する「ナースではたらこ」は多くの看護師に支持され、「満足度No.1」

非公開求人も多く、全国の90%以上の求人情報が集められています。
だから働きたい医療機関がある場合には、求人の有無、また雇用の交渉もしてもらえます。

スキルアップは「ナースではたらこ」にお任せ下さい。

ナースではたらこでスキルアップ
【ナースではたらこ】ネットには出ない非公開求人多数

スキルアップを希望する理由

スキルアップは必ずしなければならないものではありません。
スキルアップでも、色々な理由で転職しなければならない、結婚・育児などで一時的に離れていた看護師の仕事に復職したい。

医療の現場は進歩して、高度化されています。そんな時にスキルアップ、すなわち専門性を持っていることは強みとなります。

スキルアップすることで職場の選択肢の幅も広がります。

このような理由からスキルアップは多くの看護師さんが求めていることではないでしょうか?

スキルアップの方法

資格有職者。手当が上がり、さらに転職の時にも有利となります。
手当が上がるケースもあり、仕事の幅も広がるので、取れるものなら取っておくことが望ましい資格です。

この3つの資格が看護師が取得できるものになります。 そして、これらの資格を持っていることによって、確実にスキルアップはできます。また同時に給料アップの可能性もあります。

専門看護師

スキルアップ困難で複雑な健康問題を抱えた患者さん、家族、地域などに対して高い水準の看護を提供することが目的です。

5年以上の実践経験、看護系大学院での修士課程修了の2つの条件をクリアした看護師が、専門看護師限定審査に合格することで取得できます。

がん看護師、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護

といったものがあります。

専門看護師になるには(日本看護協会より抜粋)

看護師の資格を持っていることが最低条件です。そしてその流れは日本看護協会には次のように書かれています。

1.看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること

2.実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること

専門看護師教育課程基準については日本看護系大学協議会ホームページ参照

専門看護師になるには
認定審査(書類審査・筆記試験) 審査に関するご案内-認定審査
専門看護師になるには
専門看護師認定証交付・登録 専門看護師登録者一覧
専門看護師になるには
5年ごとに更新(看護実践の実績、研修実績、研究業績等書類審査) 審査に関するご案内-更新審査

認定看護師

ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を持っていると認められた看護師のことを言います。現在、この認定看護師は約16,000人ほどいます。

認定看護師は5年以上の実施経験と615時間以上の認定看護師教育を修了の2つの条件をクリアした看護師が、審査に合格することで資格を取得することができます。

救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリティーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護

こちらも多くの資格があります。

認定看護師になるには(日本看護協会より抜粋)

日本国の看護師免許を持っていること
看護師免許取得後、実務研修が通年5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)特定看護分野の実務研修内容の基準
認定看護師になるには
認定看護師教育機関(過程)終了(6か月・615時間以上)
認定看護師になるには
認定審査(筆記試験) 審査に関するご案内-認定審査
認定看護師になるには
認定看護師認定証交付・登録 認定看護師登録者一覧
認定看護師になるには
5年ごとに更新(看護実践の実績、研修実績、研究業績等書類審査) 審査に関するご案内-更新審査

認定看護管理者

管理者ということばを使っていますが、病院の看護部長、老健の副施設長を目指す人に向けた資格になります。
一般に病院の院長、老健の施設長は医師の資格になりますが、副院長、副施設長となると看護師の頂点になります。

5年以上の実務経験、510時間以上の認定看護管理者教育が終了、もしくは大学院で管理者資格を取得していて、認定看護管理者審査の合格者ということになります。

認定看護管理者になるには(日本看護協会より抜粋)

日本国の看護師免許を持っていること
看護師免許取得後、実践経験が通年5年以上あること
認定看護師になるには
認定看護管理者教育課程(ファーストレベル:150時間、セカンドレベル:190時間、サードレベル:180時間)認定看護管理者カリキュラム
認定看護師になるには
認定審査(書類審査及び筆記試験) 審査に関するご案内-認定審査
認定看護師になるには
認定看護管理者認定証交付・登録 認定看護管理者登録者一覧
認定看護師になるには
5年ごとに更新(看護実践の実績と自己研鑽の実績等) 審査に関するご案内-更新審査

セミナー・研修に参加

上記3つの資格を取ることは、ある意味、時間、お金も必要となってきます。誰でもが出来るというわけではありません。
また、仕事を一時、休職する必要も生じることもあります。では、他にはスキルアップの方法はないだろうかということになります。

セミナー参加仕事をしながらスキルアップできるのはセミナー、研修に参加する方法になります。
資格を取れるわけではありませんが、大きな病院で開かれている研修、セミナーなども参加が出来るところが多くあります。

興味のある最新医療の講習会は、転職する時にも有利となります。
時間も数時間で終わるものがほとんどなので、無理なく参加し、知識を身に着けることができます。

転職

転職してスキルアップする方法もあります。

セミナー参加東京・大阪など先端医療を行っている大きな病院に転職
興味ある分野の名医がいる病院へ転職
資格支援がある病院へ転職

>>スキルアップにはこちらの転職・求人サイト

看護師スキルアップのまとめ

自分がどのような形でスキルアップしたいか、その方法が自分に合っているかを考えてみましょう。
セミナー参加資格を取りたい場合には資格支援のある病院へ転職する方法があります。
そうすることで研修扱いになったりメリットはたくさんあります。

短時間でスキルアップを望むなら、セミナーなどに参加することでスキルを身につけることができます。

もし、求人がなくても、看護師求人サイトにこんな医療機関に転職したいと希望を伝えることで、直接、医療機関に確認してくれます。