看護師 夜勤専従 求人

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 夜勤専従の求人

看護師の夜勤専従

夜勤を専門にする夜勤専従の看護師。
看護師の夜勤専従今、看護師の間で夜勤が敬遠されることが多い中、この夜勤専従は貴重な働き方になっています。

そしてこの夜勤専従は給与が高いということでも知られています。
少ない日数で効率よく働くことができることから自分の時間も確保でき、それなりの給与がもらえるというので、夜勤専従の働き方をしている看護師さんもいます。

でも、そんなにうまいこと仕事が見つかるのでしょうか?

夜勤専従を多く扱っている看護師求人サイト

【ナース人材バンク】夜勤専従看護師求人多数

ナース人材バンク看護師の求人は業界トップの紹介率です。

年間10万人以上の看護師さんが登録しています。
非公開求人も多く扱っているので、希望にマッチした求人が見つかります。

週1回の夜勤専従に転職した看護師さんは昼間は子どもの世話をしながら、好きなことが出来、さらに自分の趣味の時間も持つことが出来る様になり、仕事もやりがいを感じていると口コミがあります。

公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

夜勤専従の求人はナース人材バンク
ナース人材バンク

【看護のお仕事】どの地方にも強い

看護のお仕事『サービス満足度 No.1』
『コンサルタントの対応満足度 No.1』
『友達に進めたいランキング No.1』

病院の内情をしっかり把握しているので、夜勤専従求人を選ぶ時には登録をおすすめします。

夜勤専従の求人は、仮眠をとることができるといったサポート体制があります。
仮眠をとることが出来ることはミスを防ぐことにもなります。

夜勤専従の求人は看護のお仕事
看護求人数130,000件以上「看護のお仕事」

【MCナースネット】夜勤専従求人特集

MCナースネット 夜勤専従看護師の求人の中には、確かに高収入な分ハードなお仕事もあります。

夜勤専従の働き方も、夜勤専従だけにしてしまう場合と日勤の合間に時々、夜勤を入れる場合とあります。

MCナースネットはどちらにも対応しています。働き方も月1回からOKなので、自分のライフスタイルに合わせて入れることができます

MCナースネットでは、コンサルタントが看護師さんひとりひとりのご希望条件を把握した上で、マッチングを見てお仕事を紹介します。

だから「高収入に惑わされて失敗」なんてことはありません。あなたがムリなく居心地よく働けることを目指して、コンサルタントが条件交渉含め多方面からサポートいたします!

夜勤専従の求人はMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

夜勤専従のメリット

ライフスタイルに合っている

たとえば、日勤だけで働いていると子どもと過ごす時間は少なくなります。
夜勤専従はライフスタイルに合うしかし、夜勤専従になると日中は子どもと一緒に過ごすことができます。

夜勤専従は勤務日数が10日前後ということから、他は自分の時間になります。
すなわち自由な時間が作りやすいということにもなります。

日勤、夜勤が織り交ざって働いている人は夜勤が5日くらいは入ってきます。
そして日勤もあり、ライフスタイルが乱れてしまうことにもなります。

少ない勤務で高収入

次に聞かれるメリットとしては、少ない時間で高収入が得られるということです。
夜勤専従はライフスタイルに合う1日の勤務時間は16時間と長いですが、10日前後のため、連休も取りやすいと言われます。

給与は勤務先、条件によって変わりますが、平均として1日3万円前後です。10日も夜勤専従を行えば、30万円を超えることも珍しくはありません。

しかし、地方の病院になると2万円という職場もありますので、あらかじめ確かめておくことが大切です。

仕事量も日勤に比べて少ない

何よりも、日勤より仕事が楽だということで、この夜勤専従を選ぶ看護師さんもいます。

夜勤というのは、患者さんはほとんどが就寝中なので、仕事も限られてしまいます。
看護師にかかる責任感は大きいと言われていますが、慣れると楽だという意見も多いほどです。

人間関係も楽

看護師さんで問題になっている人間関係。
夜勤は少人数で行うため、面倒な人間関係に巻き込まれるリスクも少ないと言えます。

それに万が一、合わない人と組まされたら、次回から辞めれば済むことです。

夜勤専従看護師のデメリット

夜勤が体質的にあわない

人間は本来は昼間に働き、夜は睡眠をとってからだを休めるのが正常なリズムです。
中には「夜型人間」と呼ばれる人もいますが、大半は、夜が苦手です。

仕事が楽だから、給与が良いからと無理をして夜勤専従看護師になり、体調を壊しては何にもなりません。

経験、スキルが必要となる

夜勤は普通は少人数で行います。時には1人で行わなければなりません。
点滴、トイレのサポート、検温、普段当たり前の様に行っていることですが、それを1人少人数で行わなければならないとなると、スムーズに行うというスキルが必要となってきます。

時には急変もあります。その時には適切な処置ができることも必要とされます。
だからこそ、看護師としての経験、そしてスキルも必要と言われています。

体力がついていかない

夜勤となると16時間以上、仕事をしなければならないこともあります。
休憩、仮眠が必ず出来るという保障がありません。

夜勤専従の求人がなかなかみつからない

メリットにひかれて夜勤専従という働き方をしたいと希望する看護師さんが増えてきています。
夜勤専従は今では、人気のある働き方になっています。

パートでは見つかりやすいですが、常勤となると良い条件の求人はなかなかみつかりません。

このようなメリット、デメリットを把握した上で、看護師求人サイトを利用することをおすすめします。

看護師夜勤専従の求人のおすすめ

【ナース人材バンク】 夜勤専従看護師求人多数

【看護のお仕事】どの地方にも強い

【MC─ナースネット】 夜勤専従求人特集あり!