ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師の転職条件 > 美容クリニックの求人

一緒に美を追い求める看護師の仕事

あちらこちらで見られる美容クリニックの看板、そんな美容クリニックでの看護師として働いてみたいけれど、仕事内容がわからないという人にご紹介します。

美容クリニックまずは、病院と大きく違うことは病院は患者さん、美容クリニックはお客様という違いにあります。

当然ですが、病気を治すために来られるのとは違い、からだのある部分にコンプレックスを抱いていて、それを治すために来るのが美容クリニックです。

最初は接し方の違いで戸惑いを感じる人もいるのではないでしょうか?

美容クリニックでの看護師の仕事

美容クリニックでは規模は違っても手術がメインになります。
その手術前の準備、すなわち器具の洗浄・滅菌、薬剤を整えること、手術の介助がメインの仕事になります。

オペ看護の経験がある人は採用されやすいのも事実です。

美容クリニック美容クリニックはからだにメスを入れることになり、一瞬なりとも不安を覚える人も多くいます。
また高額なお金も発生するので、精神的な、また物理的な負担に寄り添う必要があります。

美容クリニックでの看護師の仕事は病院勤務の看護師とは違い、手術介助はもちろん、コミュニケーション、術後の観察力、判断力が必要とされます。

患者さん(お客さん)にとって美容クリニックで働く看護師も美容のプロとして見られています。だから自分の容姿についても意識する必要もあります。

最初は全くわからなくても、入職後、研修が行われます。実際の手術介助を行ううちにしっかりみにつけることが出来るので、心配はありません。

美容クリニックで働くメリット

美容クリニック何といっても夜勤がないということです。そして高収入・高待遇と言われています。

命にかかわる患者さんがいないということは、精神的にも負担が軽減されます。
また一部の美容クリニックでは社員割引もあり、格安でコスメを購入したり、施術も受けられるというメリットがあります。

そういった意味では美容クリニックの求人が人気があると言えるのではないでしょうか?

美容クリニックで働くデメリット

美容クリニック良いことばかりではありません。患者さんはいわば、お客さまです。それゆえ接遇が非常に重視されます。

さらに中にはコスメの販売数、施術の回数などのノルマが課せられることもあります。
時には施術の結果がイメージと違い、クレームを受けることもあります。

美容クリニックの看護師はある意味、営業職と言えます。また勤務年数が長くなっても給与アップにつながることはありません。

もし、万が一、病棟看護師に戻りたいと思っていても、仕事内容があまりに違うので、病棟看護師としての仕事を忘れてしまうことも有り得ます。

そうなるともう一度、一から覚える必要があります。

美容クリニックに憧れる看護師さんもいますが、そのようなメリット、デメリット、そして仕事をしっかり理解した上で転職を行う様にしましょう。

美容クリニックに特化した【美容外科求人ガイド】の特徴

美容クリニックの求人 美容求人クリニックは美容クリニック・病院を専門にした日本で唯一の看護師の求人・転職支援サイトです。

美容クリニックは面接が激しいハードルとなります。
そんな業界を知り尽くしているからこそ内定率85%という数字を出すことができます。

プロのエージェントのフルサポートによって内定を勝ち取ることができます。

こんな口コミも

総合病院に勤務していて夜勤が多いため、生活リズムが不規則になりがちで体調を崩してしまいました。
そこで、以前から気になっていた「美容外科求人ガイド」に登録しました。
普通な病院とは少し違う印象があり、不安もありましたが、無事転職することができました。

美容看護師は未経験だったので不安でしたが、診療科についてや、業務内容などを細かく教えていただいたため、仕事についてイメージすることができました。
また、院内の雰囲気やスタッフの人数など内部情報も教えていただきました。

⇒憧れの美容医療で働くなら/美容外科求人ガイド