男性看護師 転職 理由

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 男性看護師の転職理由

看護師は女性の仕事というのはもう何年も前の話です。

看護の領域も男性が進出してくる時代になり、呼び方も看護婦から看護師変わりました。
と言ってもまだまだ男性看護師は全体の1割にも満たされない状況です。

そんな中、転職を希望する男性看護師も多くいます。

男性看護師の転職理由とは

人間関係

これは男女共通する項目になりますが、男性ならではの人間関係というものもあります。
男性看護師の転職理由なんだかんだ言っても看護師はまだまだ女性優位になっています。

女性ばかりの中で、自分はどのようにしていって良いのか戸惑うことだってあります。

他に男性看護師がいればまだしも、男性看護師が自分ひとりだけとなると確かに身の置き場に困ってしまうこともあるでしょう。

率先して重いものを持ち上げたり、力仕事をしても、逆に自分ではできないこと(女性患者の排泄介助、入浴介助など)をお願いすると、今、忙しいから無理!などと断られたり、鬱陶しい顔をされたりすることもあります。

1人だけ男性看護師というのは少し難しい面があります。

給料が低い

看護師に関していうと、給料は男女の差がほとんどないということです。
看護師の年収平均は男性看護師は486万円ほど、女性看護師は477万円ほどという計算が厚生労働省から報告されています。

一般サラリーマンとなると男性の場合は給料が良いと言えます。
これは看護師は昇給額が少ないことによるものです。

一家を支える大黒柱にとっては、仕事は夜勤もあって大変な上に、給与が少ないのは少々つらいことですね。

キャリアアップ

まだまだ看護師は女性社会ですね。男性看護師長は聞いたことはほとんどありません。
男性看護師にとってキャリアアップを希望することは難しいと言えます。

女性患者からの拒否

男性看護師だからといって女性患者から拒否されることもあります。
男性看護師の転職理由排泄介助、入浴介助、からだを拭くといったケアは女性にとっては看護師といっても異性となると拒否するのは当然のことです。

その度毎に女性看護師に頼み、嫌な顔をされるのは耐えがたいですね。

代表的な男性看護師転職理由を挙げてきましたが、では、どのようにこの問題を解決していくべきでしょうか?

男性看護師が働きやすい職場

男性看護師の転職理由男性看護師が気持ちよく働くには小児科、救命救急センター、オペ室といったところになると、そのような問題も避けることができるでしょう。

また総合病院、特に大規模病院となると男性看護師を必要としているところが多く、さらにはキャリアップも望むことができます。

そんな仕事を探すにはやはり看護師転職・求人サイトを利用することをお勧めします。

転職するならこちら看護師転職サイトであなたらしい求人を見つけましょう