看護師 転職 給与アップ

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 看護師転職給与アップ

サービス残業、ハードワーク
それでいてこんな給与ってあり得ないと不満に感じている看護師さん

給与アップなら転職サイトにお任せ!転職サイトがその不満を解消してくれますよ!

看護師の給与の実態

看護師の給与の平均年収を見てみると、500万円前後で、数字だけみると、決して悪いとは言えません。

でも、こんな声があちこちから聞こえてきます。

だいたい20時間以上の残業がカットされ、残業代が0円。そもそも急性期の病棟で残業代0円なんてあり得ないと思います。
夜勤を入れると夜勤手当が入り、その月は少しは給与が多くなるのが現状。
本当に給料が少ない
忙しい病棟で毎日サービス残業があります。残業代はなし。
療養なのに仮眠時間も就業規則どうりにはとれず夜勤は必ず1時間はサービス残業となります。多忙のわりには賞与安いかな。

看護師の給与これって労働条件に違反ですよね。

見た目の給与が良くても緊急オペが入り、残業はサービス、これって割に合わないよね。
夜勤にはいったら急性期の時も予想以上にハードで、夜勤手当が安すぎ。

労働をみるとそれに合った給与とはいえません。

さらに慢性的な人手不足のため、そのしわ寄せが現職看護師にきているのも事実です。

せっかく看護師になったのに・・・

こんなトラブルだってあります。

看護師って?「ちょっと人手が足りないから、週に3日、2ケ月間だけ手伝ってくれない?時給は2,000円だけど。」知り合いの頼みでもあるし、短期間だからということで、その依頼を受けることにしました。

時給もそんなに悪くはないからという安易な気持ちで働き始めました。
最初の給与に明細を渡されて、「あれ?計算がおかしい」

慌てて、知り合いに確認すると、「あ、ごめん。時給2,000円って言ってたけれど、院長がちょっと高すぎるから1,500円でお願いしますと伝えてと言われてた。」

「そんなばかな。」

でも、これってありそうなことだと思いませんか?

給与アップのために転職をしたとしても、実際、給与が説明と違うこともあります。
それが、この例です。こちらはパートのケースですが、正社員でも起こりうることです。

せっかく交渉して給与アップしたにもかかわらず、トラブルって起こりやすいです。

例えば、ナース人材バンクは給与アップを交渉して、成立するとしっかり紙面に書き残します。

ナース人材バンク

給与アップなら転職サイトにお任せ看護師の転職理由の1つ、「給与が安い」という理由が挙げられます。

看護師の仕事は場所によって差はあるものの、他の職種に比べると仕事がハードだということです。
あらかじめ給与が高い施設を探すことができれば給与の悩みはなくなります。

給与が良い医療機関は、他の待遇もしっかりしているところが多いので、働きやすい職場につくことができます。

給与アップ、すなわち看護師の仕事に見合った年収をもらうことができる機関を探しましょう。

給与アップなら転職サイトにお任せ!>>給与アップの求人について