看護師 疲れた

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 転職理由「疲れた」

「仕事が多い、責任も重い、もうこれ以上我慢ができない」
「本当は看護師の仕事をしたいけれど、今のままでは続けることは難しい?」

疲れたらこちらそんな悩みを持っている人はこちら

このままでいいのだろうか?

誰でもがうらやむ職場

看護師の資格を取り、職場も決まり、さぁこれから看護師として一歩を踏み出そうと。
職場は建物が新しく、設備も揃い、施設もあり、先端医療のやりがいのある職場。

忙しすぎる仕事に疲れた

意気込んで入った職場。でも実際働いてみると、先端医療だけあり、入院・退院が目まぐるしく、重症の患者さん、手のかかる患者さんがとにかく多い。

忙しすぎる看護師昼夜かかわらず、ナースコールは鳴りっぱなし。看護師は絶えず走り回っている始末。
そのため、記録はいい加減になり、この仕事ってやったの?

リーダーも医師の指示に追われ、自分のチームの看護師に耳を傾ける余裕すらない。

自分の仕事をこなすのが精いっぱいのこの職場。3時間4時間の時間外勤務は当たり前。仕事が終わる頃には疲れきってしまっています。

その疲れが取れないまま、また出勤ということもあり、ため息の毎日。
救いは人間関係だという。忙しすぎていじめている暇がないと言った方が良いのかもしれません。

こんな看護師の職場があるのが現実。

燃え尽き症候群

忙しさのあまりに心身ともに疲れてしまいます。
忙しくて疲れた看護師それでも患者さんに対しては、疲れた顔は出来ず、常に明るく接しなければいけないのが看護師の仕事。

通勤途中、何故、こんなに忙しいのだろうかと自然い泣けてしまうとか、夜勤の巡回中の病棟の廊下でため息ばかりが出てしまいます。

重症になると、病院を見ただけで吐き気を催したり、不眠に襲われたりして、自分が薬を飲むことになってしまうこともあります。

いくら頑張ってもこのような状態になっては自分自身がダメになってしまいます。

こんな状態に陥ったら、あなたはどうしますか?辞めるか、転職するか、決断を迫られるでしょう。

疲れたらこちら
疲れたら転職?それとも単発で気分転換?

看護師の疲れの原因

人手不足による仕事量の多さ
高齢化社会で病院での患者数が増える中、看護師の人員不足は慢性化しています。そんな中で看護師の仕事量は増え、それに対する改善策がなされていないところも数多くあります。
そんな現状に疲れを感じている看護師が多いのが原因です。

看護師特有の人間関係
看護師の疲れの原因看護師に男性を採用する様になり、呼び方も看護婦から看護師へ。と言ってもまだまだ女性中心の職場であることに変わりはありません。
女性が多いとどうしても噂話、悪口という事によるいじめも生じやすいと言われています。特に忙しい看護師の仕事、いじめという形でストレスを発散している人もいます。

新人・若手向け教育
経験を積むと、リーダー、若手指導、プリセプター、○○委員など、自分の患者受け持ちは変わらないのに、役割だけが増えていきます。
確かに経験を積むことは大切ですが、そのことで疲れたと感じる看護師は多いと言えます。

子育てとの両立
日勤のみならまだしも、夜勤が入っているママさん看護師にとって、仕事と子育ての両立はかなりきついものがあります。
職場が忙しく、家に帰れば子ども、家庭の事、子どもが熱を出すと仕事を休まなければならない後ろめたさ。

疲れて何もやりたくないという人にお勧め

疲れた看護師燃え尽き症候群になり、もう何もやりたくないという看護師さんは、まずは仕事を辞めることです。

しばらくはボーッとしていても良いでしょう。そういう時間も必要かもしれません。
でも、いつまでもそんな状態でいる訳にはいきません。生活がかかっているから。

そんな時には全く違う職種についてみてはいかがでしょうか。看護師の仕事は何も病院だけというわけではありません。

仕事をしたい時にできるのが、単発バイト

例えば、学生の修学旅行に付き添ったり、スキーツアーに付き添ったりするツアーナース。
場所も医療機関ではないので、リフレッシュもできます。

また、健診ナースをはじめとするスポットもいかがでしょうか?
さらに、気になる職場があれば、派遣というスタイルで働きやすい職場かチェックして、気に入れば、正職員になることもできます。

そんな単発、そして派遣に力を入れているのが、MCナースネットです。
自分がやりたいと思う時に出来る、職種も選ぶことが出来る、それが単発バイトの良いところ!

MCナースネットの単発バイトで気分転換はいかがでしょうか?

疲れたらこちら
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

転職サイトの老舗「ナース人材バンク」で相談!

一方では、そんな悠長なこと言ってる余裕はないの!
働かなければ、生活できないから、という看護師さんもいますよね。

忙しさに疲れた看護師の解決方そんな人はナース人材バンクに登録をお勧めします。
色々なケースを経験しているキャリアパートナーが忙しすぎるあなたの悩みを解決してくれます。

求人数もトップクラス、 忙しいという言葉の中には色々な意味があります。
残業ばかり、休みが取れないなど、そのような不満の条件を挙げて、その反対の条件を希望条件にしてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、忙しい、そして疲れたということから解放されるのではないでしょうか?

看護師転職サイト実績No.1のナース人材バンクがそんなあなたの疲れた状態から解放される様にお手伝いしてくれます。

疲れたらこちら
ナース人材バンク

注目を浴びている【看護のお仕事】

知名度抜群の転職サイト「看護のお仕事」、ナース人材バンクと同様、大手転職サイトです。

12万件以上の求人数、病院側も「看護のお仕事さんの紹介なら・・・」と信頼度も高く、サポート力も24時間対応可能なので、夜勤で悩みがあった時にも相談ができます。

【サービス満足度No.1】【コンサルタント対応満足度No.1】【友達に進めたいランキングNo.1】とこの結果を看るだけで、登録する価値があることがわかると思います。

疲れたらこちら
看護のお仕事

人間関係に疲れる看護師が増えている

まだ現場に慣れず、知識もあまりないため、先輩看護師に迷惑をかけてしまう新人看護師。
忙しくて疲れてしまった看護師先輩看護師に怒られたり、時にはいじめの対象になってしまうこともあります。

さらに大きな病院、総合病院になると、派閥争いというものが起こり、ベテラン看護師でも辞めていくこともあります。

他にも色々な理由から精神的なダメージを受け、仕事に疲れてしまう看護師が増えています。

疲労をためない様にするには

実は看護師さんの約7割の人が疲労を感じているという調査結果が出ています。
特に夜勤勤務の看護師さん、ビタミン剤、サプリメントを服用している看護師さんもいます。

それこそが、慢性的な看護師の人手不足による医療現場の忙しさが原因です。
では、疲労を貯めない様にするにはどうしたら良いのでしょう。

疲れを残さないためにリフレッシュ

買い物をしたり、ちょっと贅沢な食事をしたり、と自分を褒めてあげることも必要です。

もし、プライベートで先輩看護師と仲良くなる機会があれば、職場でも働きやすくなります。

睡眠をしっかりとる

疲れをいやすには睡眠看護師、特に夜勤勤務の看護師にとっては、疲労回復には睡眠は欠かせません。
目覚ましをしっかり使って、睡眠時間を確保しましょう。

私も睡眠不足だという時にはお昼休みに更衣室でスマホの目覚ましをセットして寝る様に心がけています。
アラームが鳴るからという安心感で、意外と寝れるものです。

身体を休めること、これは何よりも大切なことです。

仕事のオン・オフの切り替え

仕事のオンオフ中には仕事を家に持って帰るという人がいます。仕事熱心ですごいなぁと思いがちですが、こういう人ほど、精神的にも肉体的にも疲れやすいと言われています。

私も家に帰ったら、一切、仕事の事は何もしないと決めています。そのため、仕事はしっかり緊張感を持って行い、一歩職場を出たら、もう仕事のことは頭から切り離す様にしています。

趣味を持つと良いかもしれませんね。

まとめ

約7割の看護師さんが慢性疲労に陥っています。そして、この疲れをそのまま放置しておくと医療ミスも引き起こす可能性もあります。

疲労解消にはここで挙げた方法以外にも「ゆっくり浴槽につかったり」「友達とおしゃべりしたり」など色々な方法がありますが、自分に合う方法がないか模索してみてはいかがでしょうか?

といって必ずうまくいくわけではありません。今の職場・働き方が自分に合っていなかったら「転職」を考えても良いのではないでしょうか?

疲れを解消するなら

単発・派遣で疲れを解消なら【MC─ナースネット

多くの看護師さんが転職で利用!あなたの疲れの原因を【ナース人材バンク】に任せてみたら?

ナース人材バンクと同様、大手看護師転職サイト看護師の転職なら「看護のお仕事」