退職願 書き方

ナース人材バンクの求人 サイトトップ > 退職願の書き方

転職の意志を伝えたら

勇気をもって退職の意志を伝えることが出来、退職の日にちも決まりました。
これらかは退職の日までにしっかりと引き継ぎを行わなければなりません。

でも、いざとなると退職の日までに何をしたらよいのかがわからないという看護師さんもいるのではないでしょうか。

この退職が決まってからをしっかり行わなければ、新しい職場に移ってからも前の職場から連絡がくる様では、せっかくの新しい職場でも信用がガタ落ちになってしまうこともあります。

まずは退職願を書かなければなりません。どのように書いて良いのかわからない看護師さんもいるのではないでしょうか?

退職願の書き方

師長に退職の意志を伝えて、了解を得られたら、退職願を作成しなければなりません。
退職願、退職届、字のごとく退職願は「退職させて下さい。」、退職届は「退職します。」

退職届の書き方ニュアンス的には願の方はやわらかな感じになります。

手書きかパソコンかで悩むのではないでしょうか?
今はパソコンで何もかもが処理される時代になりました。

退職願はやはり手書きが良いのではという思う看護師さんもいるでしょう。
これは、どちらでも問題ありません。
と言っても手書きで書く方が丁寧と言えます。

また、書き方も特に決まりはありませんが、職場によっては独自のフォーマットがあるところもあります。

自分が勤務しているところで、パソコンでも良いのか、フォーマットはあるのかを確認すると良いでしょう。

退職願 書き方のポイント

横書きではなく、縦書きが一般的です。

辞める理由は色々あるかもしれませんが、基本的には「一身上の都合により」の一言で書く様にしましょう。

この一身上の都合というのは、「自分の問題、個人的な事情」という意味が込められているので、本音を書く必要はありません。

一つの例をこちらに載せてみますが、ほとんどが、このような書き方で退職願とするケースが多いです。

退職の予定日は師長と話しをして決めた日を記載します。
また、日付は退職願を提出する日にち。

宛先は病院の最高責任者、理事長がいる場合は理事長名にします。

封筒の表中央に「退職願」と、裏には自分の名前、所属部署を記載します。

もし、書き方がわからない場合には師長に相談し、正しい書き方で提出する様にしましょう。

退職届の後は転職活動に専念

看護師の転職は「退職届」から、職探し、「履歴書」と大変な労力が伴います。
そして、この労力を考えると、転職を諦めてしまう看護師さんもいるのではないでしょうか?

だからこそ、看護師転職・求人サイトに登録して、楽な転職活動を行ってみませんか?

看護師転職・求人サイトはこんなサポートを行ってくれます

求人の紹介
履歴書の書き方
面接対策・条件交渉

あなたは紹介された求人を選び、セッティングされた面接に行くだけです。

>>おすすめ転職・求人サイトはこちら